高校生講座

兄弟姉妹割引

兄弟姉妹がドリカムハイスクールに在籍中であれば、おひとり分半額です。
(入塾金は、割引、月謝の金額が低い方を半額にします)

こんな高校生がドリカムハイスクールを選んでいます。

  • 中学時代数学は得意だったけど、高校入学後いきなり数学がわからなくなった
  • 自力で数学を解くことが好きなので、講義式の塾でなく、適度のヒントをくれる塾を探していた
  • 中学時代数学があまりできなかったので、高校数学についていけるか不安
  • 部活引退まで、あまり力はかけたくないけど、授業にはついていきたい

「中学時代数学は得意だったけど、高校入学後いきなり数学がわからなくなった。」

これは多くの高校生が直面する事です。

いくつか理由はありますが、とても大切なことは、「脳の仕組みが変わる」という事です。

高校入学前後で、子どもの脳から大人の脳に変わります。

子どもの脳とは、丸暗記が得意な脳です。
そして、大人の脳とは、丸暗記ができにくくなり、理解したものでないと覚えられない脳です。

この事を知らないと、中学時代と同じ勉強方法で取り組もうとします。
「類似問題を反復することで応用問題が解ける」という経験則を大切にして。

しかし、脳の仕組み的に丸暗記が苦手になってきているので、この方法では覚えられなくなってきています。
また、反復するにしても高校数学の問題は1問あたりに中学数学とは比べ物にならないくらいの時間がかかります。

ですから、ドリカムハイスクールでは、
【一つの例題をしっかり理解する】
この一点に特化して授業を展開しています。

講座の特徴

① カリスマと呼ばれたほどの授業力
教師時代、「青木先生の授業で分からなければ、数学は諦めたほうが良い」と言われたほどの圧倒的な授業力。
特徴は、きめの細かい、かゆいところに手が届く説明です。
② 定着を深める質問力
解いている様子を見れば、どこが理解できていないのか?瞬時に分かります。
そこをあやふやにせずに、本人が腑に落ちるまで質問、説明を繰り返します。
腑に落ちる事で定着できるわけですから、この作業がとても大切。
これは、講師の力で左右されるところです。

定期テスト前には、
その分野でぜひ、理解しておきたい問題のみを集めたテスト対策を配布します。
(沼津東高校、韮山高校、三島北高校、暁秀高校、御殿場南高校、沼津西高校に適合)

実際に、このドリカムハイスクールの授業を受けた生徒のビフォーアフターを見てください。

体験談

4人の生徒さんを紹介します。

Aさん
高校2年生春休みから入塾。三島北高校文系。
運動部に所属し、将来小学校教諭になるという目標はあるけど、数学が中学から苦手。
ワンランク低い学校に入学したけど、1年生のときから、授業にはついていけない。
数学の学年順位(文型のみ)も170番台。
大手予備校に通っていたが、成績は下落する一方。
Bさん
高校2年生の11月から入塾。三島北高校理系。
運動部に所属して頑張っていたが、顧問の先生のやり方に納得できず、退部。
その後、退部の後悔と、無気力感で、何事にもやる気を失ってしまう。
1年次には、学年ベスト10に入ったこともあった数学も、平均点を下回る。
Cくん
高校3年生の5月から入塾。御殿場南高校理系。
大手予備校に通っていたが、やる気はまったくなし。
部活命。
Dくん
高校3年生の6月から入塾。御殿場南高校理系。
衛星授業を使った学習塾に通っていて、英・国は好成績。
しかし数学は、入塾直前の模擬試験で200点満点中20点以下。
希望進学先が、理系なので、数学は2次試験でも必須。
Aさんの場合
5月まで、授業中も居眠り(苦笑)でも、ドリカムは時間が経っても、答えはどこにも書いてくれない。
自分でやるしかないので、仕方なく問題を自分で解き始める。中間テストでは、ほとんど変化なし。
夏休みに夏休みの宿題を2回反復。その甲斐あって、課題テストで手ごたえ。
10月には、学年2位(文型のみ)。1位とは1点差。
その頃になると、授業中に真剣な目になり、集中力が増しました。
そして、学校の先生が変わったわけではなく、「最近、先生の教え方よくなった」と言い始めました。
Bさんの場合
お母さんが色々と彼女の情報をくれました。
そのおかげで、最適なタイミングで面談(大袈裟なものではありませんが)を行い、モチベーションを上げる事ができました。
もともと数学が得意なので、すぐに力を発揮。12月のテストで、すでに90点以上をとり復活!
3年生では、学年1位(理系のみ)を連続でとりました。
Cくんの場合
最初の授業を受けたとき、「わかった!」と叫びました!「すげぇ」とも(笑)
わかれば、勉強は楽しい。解ければ、数学は楽しい。どんどん、数学の魅力に浸り、9月には得意科目に。
それまで、まったく変化がなかった大手予備校で受けていた科目も、10月ごろからあがり始める。
学習の転移と呼ばれる現象。1科目の勉強の仕方がわかれば、その勉強法が他教科にも生きてくる。
結局、立命館大学、東京理科大学などに合格。
Dくんの場合
英語と国語が出来るだけあって、非常にまじめに授業を受けました。
でも、授業内容は理解できても、1,2年の基礎がないので、問題がなかなか解けない。
そこで、彼には、センター攻略講座+3日間の個別講座を受講してもらいました。
個別講座では、2日間、数学ⅡBの復習を。
残りの1日は数学ⅢCの計算問題を徹底的(ドリカムオリジナル復習方式)に解きました。
夏休みに行なったセンター過去問題では92点をとり、それを自信に急回復。
結局、東京理科大、山梨大学に合格。

数学が苦手と言っても、中学時代の定着度や本人の脳の発達段階など一筋縄ではいかない問題があります。
そこは、プロが的確なカリキュラムを組む必要性があります。

ドリカムハイスクールでは、三つのグループに分けて、その後個別にカリキュラムを組んでいきます。

A)中学時代数学が得意で現在も得意な生徒
勉強のやり方も独自の勉強法が合っている場合が多いので、本人の力が一番伸びる教材を選択します。
その後、脳の仕組みにあった反復方法で定着を図ります
B) 中学時代数学が得意で、現在は苦手な生徒
理解を促すため、ドリカムハイスクールオリジナルテキスト。
(大学入試の為に不要な箇所は削除して、絶対に理解しておきたい例題と頻出入試問題のみを記載したテキスト)
で、カリスマの補助的説明を聞きながら進めます。
C) 中学時代も現在も数学苦手な生徒
平方完成や2次不等式などの高校数学特有の計算問題を定着することから始めます。
この定着には、反復だけでなく、この年代に必要な理解を念頭においた指導をします。

個別講座 料金

授業料
曜日 時間 頻度 料金
月~木
受付(17:45~19:30)
19:00~21:00
(時間固定・振替なし)
週1 ¥15,120
週2 ¥25,920
週3 ¥32,400
テキスト代
数学ⅠA ¥8,640
数学ⅡB ¥10,800
数学ⅢC ¥8,640

国語講座

国語の力は、国語の点数だけでなく、すべての教科に関係していきます。
しかし、国語の力と言うと

  • うちの子小さい時から読書してこなかったから
  • 国語はセンスだから勉強しても仕方ない
  • 所詮日本語だから勉強しなくてもなんとかなる

とか思っていませんか?

実は、私は、ずっとそのように思っていました。
ある時、同僚から「国語にも解き方がある!」と聞いて驚愕しました。
確かにその方法を使えば、点数は劇的にあがります。
でも、これは、テクニックで、国語の力が上がったわけではありません。

国語の力を上げるためには、
どうしたらいいのか?とずっと悩んでいましたが
ある教材が悩んでいる私を救ってくれました!

その教材を使ってわかったことは、
国語という教科は、本当は、「日本語の正しいルールに従って解いていく論理の教科なのだ」という事です。

論理だからこそ、論理さえ理解すれば誰でもできるわけです。
小学生では難しいのでは?と思われるかもしれませんが、
そのあたりはしっかり学年にあった指導をしていきます。

この教材を使うと、

  • 確かな国語力と考える力を育てます。
  • 物語・説明文・生活文など、各学年のレベルに応じた文章をバランスよく学習できます。
  • 楽しみながら読む力・書く力・考える力を養成することができます。

論理力は、学問においてとても大切です。
高校で数学が苦手になる人は、論理力が弱いことも原因のひとつになっています。

国語力アップも数学克服にとっても効果があると思います。