家族も含めて自分以外の人を変えるには!

こんなこと思ったことありませんか?

「〇〇さん、いつもネガティブでこっちまで暗くなってしまう。何とか変わってくれないかしら」

「●●さん、私語が多くて困っちゃう。もう少しちゃんと会議に参加してくれないかしら」

「□□さん、なんかすごく生きずらそう。なんとかしてあげたい」

 

どうですか?

家庭内でも

「何度言ったら朝ちゃんと起きてくるの?」

「スマホいじって寝転んでるのなら少しは手伝ってよ」

「なんでいつも宿題をため込むの?」

など、自分以外の人に代わって欲しいと思うことありませんか?

 

+++++++++++++++

この問題を解決する講座

【「本当に受験なの?」とママ友からうらやましく思われるピカピカに輝くママさんセミナー】

を開催します

詳細は、2月12日(金)に発表します!

+++++++++++++++

そうそう!

と思った方、そう思ったということは、いまだに変えられていないということですね。

(ちょっと深い言い方です)

そうなんです!

自分以外の人を変えることは、基本的にある方法以外無理だと私は考えています。

その方法とは!!

 

 

 

自分を変える!です

 

 

 

私の教師時代の話をさせていただきますね。

部活動の指導をかなり厳しくしていました。

練習後のミーティングも平均15分くらいしていた記憶があります。

私が顧問になったときは地区で2回戦負けの弱小チームだったのですが

トントンに強くなり、県大会は常連に、県外チームとも練習試合をするまでになりました。

強豪校ほどではないですが、「負けられない」という意識が強くなり、

より一層厳しい指導をするという悪循環に陥り。、私自身も疲弊していました。

そこで知り合いの先生から紹介していただいたトレーナーさんに、

チームでのメンタルトレーニングを依頼し、講座を開いていただきました。

その時の内容を活かして、ママさんをポジティブにしていきます!

講座の翌日から私自身変わりました。

トレーナーさんが伝えてくれたことをすべて守り生徒と接しました。

すると、部の雰囲気がガラリと数日で変わりました。

トレーナーさんの話がすごかった、というのが一番です。

そして、しっかり吸収した生徒も素晴らしいかった。

でも、私が変わらなければ、部の雰囲気は変わらないはずです。

先生が変われば、生徒が変わる

身をもって体験しました。

それまで、生徒を変えようとしていましたが

生徒を変えるためにはまず教師が変わらなければならないのです

お子様を変えたければ、誰が変わるべきでしょう?

 

一覧に戻る