高校生になって急に成績が落ちた。その理由は・・・

 

中学生から高校生へおすすめ記憶法

 

中学3年生の夏ごろから成績が低下


時期は前後しますが、よくあるお悩みです。

多くの方が知らない、脳の変化が原因だと思われます


多くの方が知らない、脳の変化とは、

高校入学前後で、いわゆる「子どもの脳」から「大人の脳」に変化することです


どういうことかと言いますと

「子どもの脳」とは、丸暗記が得意な脳です

「大人の脳」とは、丸暗記が苦手で、理解しないと覚えられない、という脳です


掛け算の九九ありますよね?

あれを大人になって覚えるのは厳しいです

理由は、「ににんがし」などに何の脈略もないので、理解できない。

だから、理解しないと覚えることができない大人にとっては

覚えることは至難の業なのです。

でも、丸暗記が得意な子どもなら、何の疑いも持たずに覚えることができるのです。


中学3年生の夏ごろから成績が低下するというのは、

今まで丸暗記が得意な脳で、

バンバン丸暗記するという勉強法で成績が上がってきた人が

脳が切り替わり、丸暗記が苦手になる

でも、そんなことはわからないから

同じ勉強法を続けた結果成績が伸びなくなってきた

という結果なのです。


処方箋は、脳の変化を理解して

丸暗記から理解するという勉強法に変えることです。

そうは言っても、どうすればいいのか?わかりませんよね。

理解しながら暗記するということをシステム化したものが

「ドリカムハイスクールのセルフレクチャー」です

 

来週、「セルフレクチャー集中講義」がございます。

そこで、大人の脳が記憶できる記憶法を学びませんか?

 

 

一覧に戻る