中学生講座

中学生講座

3段階での指導で成績UPを果たします

  • ① 解説(アニメーション学習)をきき、方眼ノートで 【理解度UP】
  • ② 暗記トレーニング(アプリ使用→英単語、英熟語、理科、社会)で【記憶定着】
  • ③ 短時間で成果を出す、脳科学を駆使したドリカム式演習法で【実力UP】

★中高一貫コースは、英検対策(※英検対策へリンク)で準2級取得を目指します
数学は高校数学に対応できるよう「論理的思考」を磨くことを念頭に指導いたします。

受験終了後から日を開けずに高校の学習を開始します。»学びエイド使用

こんな中学生がドリカムハイスクールを選んでいます。

  • 講義式の塾で追いつけない
  • 個別指導塾で頑張ったけど成績が上がらない
  • 塾に通うのは初めてだけど今からでも大丈夫?(中学3年生)
  • 成績はあげたいけど勉強は嫌い

ほとんどのお子様が途中入塾です。
他塾で成績が上がらなかったお子様です。

それでは、なぜ、他塾で成績が上がらなかったお子様を伸ばすことができるのか!?

それは、ドリカムハイスクールには「プライベートカリキュラム」があるからです。

人間はそれぞれ個性があり、習熟度、理解するために必要な言葉などまったく違います。

だからマニュアルで対応できる教育などありえません。

ドリカムハイスクールでは、個々の力を最大限に引き出す工夫がされています。

それは、「プライベートカリキュラム」であったり、「質問の仕方」や「気合の伝授」、「覚え方の工夫」です。

また、高校受験対策として実力アップも当然ですが
ドリカムハイスクールでは、2つの重要なポイントもしっかり指導しています。
それは、内申点アップ面接指導です。

カリスマ元高校教師の経験から、どんなお子さんが内申点が高いのか!?を知り尽くしています。
そのポイントを徹底的に伝えます。

また、自身が高校入試において面接官の経験があるので、どのような態度で望めばいいのか?
どのような答えをすれば印象がよくなるのか?
などもしっかり伝えています。

大学入試でしたが、センター試験で合格判定がCの生徒さんが、2次試験面接だけで合格したとい実績もあります
※合格判定Cとは、合格可能性が20~40%です。

プライベートカリキュラム

中学生が塾に通うのは、志望校に合格したいため
ゴールは、高校受験です。

カリキュラムを作るには、この高校受験のシステムも含めて知っていなければなりません。
「カリスマ元高校教師」塾長は、高校受験の入試業務経験があります。
(面接官の経験も前期入試を作成した経験もあります)
ですから、高校受験の真のエキスパートと言えるでしょう。

そこから作られるカリキュラムが、一人ひとりの真の力を引き出すスタートです。

実際に

  • 正負の計算さえできなかった中学2年生男子 → 連立方程式もスラスラ解ける
  • 文章題が一度も解けたことがない中学3年生女子 → 一ヶ月の授業で、学調文章題正解

などなど、しっかり結果を出します。

質問の仕方

ドリカムハイスクールでは、「本当にわかった」を大切にしています。

大人でも、「なんとなくわかった」「だいたいわかった」と言う表現を使うことがあります。
「なんとなくわかった」にしても「だいたいわかった」にしても、
実は、どこかわからない所があるからこのような表現を使っています。

この中途半端にわかった状態では、学習は定着しません。

しっかりその子のことを見ていれば、本当にわかっているのか、そうでないのか、はすぐわかります。

その時、「これはどういうこと?」と質問をすれば、わかっていませんから、生徒は答えに窮します。
その部分を丁寧に説明してあげれば、「あ~わかった」となります。
これが定着の第一歩。この「あ~わかった」をドリカムハイスクールでは、大切にしています。

「カリスマ元高校教師」だからこそ、個々の動向を見逃さずにアドバイスできるのです。

覚え方の工夫

「カリスマ元高校教師」塾長は、記憶術の講師でもあります。
【参考:アクティブブレインセミナー

  • イメージを使った記憶法
  • 言葉を使った記憶法

これらを駆使して、その生徒に合った効率的に覚える方法をお伝えしています。

アクティブブレインセミナーを受講後の方が明らかに効果が高いです。

  • 歴史が苦手な中学3年生 → 夏休みの特訓で、その後の学調で歴史満点
  • 47都道府県の暗記 → 15分で完璧に記憶

覚えるのは真剣ですが、楽しく覚える方法です。

こちらのリンクを参考に楽しく覚えてみましょう。

※別のウィンドウで開きます

成績が伸びないのは、過去に原因があります。

勉強は、やはり積み重ねが大切です。
今の成績が伸びないのか過去の積み重ねが弱い場合が多いです。
先ほどの、文章題が解けない子の例でも、
学調テストなどには、連立方程式の文章題が出題されることが多いです。
で、普通、連立方程式の文章題をたくさん、練習しますが
ドリカムハイスクールでは、文字と式から文章題に関係する箇所だけを抜き取って学習をしてもらいます。

今の成績を伸ばすには、過去を解決することが一番大切なのです。

「カリスマ元高校教師」塾長は、小学校、中学校、高校の教員免許状があります。
ですから、どの学年で躓いているのかの見極めと
中学生の段階でどこまで定着させておけば高校に行っても成功するのか?がわかります。

ドリカムハイスクールは、一斉授業はありません。カリキュラムもプライベートカリキュラムしか存在しません。
お子様の過去にいつでも戻り、今につなげ、失った自信を取り戻し、
前向きに今後の人生にチャレンジしていってほしいと思っています。

国語講座

「国語ってセンスだよね」「とにかく読書するしかない」と思っている方
もう少し読んでいただいてもよろしいでしょうか?

「数学が得意な人は、英語が得意」
また、その逆で、「英語が得意な人は、数学が得意」ということを聞いたことがありますか?

実際に、私が高校生を指導しているとき、「数学の点数はあまりよくないけど、英語が得意」という生徒は割と早く数学の点数は上がります。
それは、なぜか?
数学も英語も論理的思考が根底にあるからです。
英語は言語の中で最もルールが厳しい言語であると言われています。
ルールに従い応用するというのは数学と同じ論理です。
ですから、上で申し上げた通り「数学が得意な人は、英語が得意」「英語が得意な人は、数学が得意」であると言えるのです。

では、国語はどうでしょう?
国語(日本語)も言語です。当然、ルールが存在します。ということは論理的思考が必要となります。
そこで、私が使用するテキストは【論理エンジン】です。小学生は学年ごと、中学生は3段階に分かれています。

朗報です!中学生になると、【効率的に成績を上げながら、論理的思考が磨かれる方眼ノート】(方眼ノートベーシック講座)を受講できるので、国語だけでなく英語も数学もできるようになりますよ。お楽しみに

日程について

曜日 受付 頻度
月~木 季節により変わります 週2日(英・数・理・社)
週3日(英・数・理・社)

中高一貫コース

とにかく、「数学の力をつけたい」「理系の大学へ進学したい」という方に向けた講座です。
算数から高校数学を見据えて指導いたします。

※現在数学に自信がない人でも受講できます。
ただし、入塾前の単元で理解が不足している場合、その単元の復習を最優先とします。

【受講時期:中学1~3年生から】

★カリキュラム

クラス 科目 頻度 内容
中学1~3年生 数学 週2日+他教科も選択可 かなりのレベルがある発展問題を取り扱います
高校1~2年生 数学 週2日 通常授業に大学入試問題を積極的に取り入れます
高校3年生 数学 週2日 大学入試問題演習を中心に授業を行います
※高校生期の長期休暇中の講座は必ず受講していただきます

暗記が苦手な人必見!! 暗記トレーニング教材導入

理科・社会・英語が苦手な人のほとんどは、暗記の仕方が上手ではありません。
そのような人から、こんな質問を受けます。

「どうやったら覚えられますか?」

その答えは「覚えていないもの覚えるまで繰り返すこと」。
言葉にするととても簡単ですが、それが思ったより難しいのは、「何が覚えられていないのか、わからない」という点です。
そのため、覚えていないものだけに時間をかけることが出来ないので、結果的に反復回数が増えず、結果覚えられないということなのです。

この「暗記トレ」は、上記のことを克服し、効率よく覚えることができる全ての要素が入っています。
問題を解いて、間違えた問題を自動的に「弱点ボックス」に振り分けてくれます。

そして、「弱点ボックス」のみを出来るまで繰り返しトレーニングします。
最後にテストをやり本当に覚えられたのかチェックします。

暗記

★暗記トレ

《内容》
①英単語1850+英熟語430
②一問一答 社会(地理・歴史・公民・高校入試)
③一問一答 理科(物理・化学・生物・地学・高校入試)
④四択ざんまい(5教科)→中学3年分の基礎知識を1000問の四択に集約